トップ >> 保険を見直す2つの方法

保険見直しは子供に合わせて

死亡保障の見直しは、「入り直す」か「上乗せする」かどちらかの方法で対応します。いまの保険では足りない部分の保障額が高く、保障期間も長い場合は新しく入り直す、逆に金額が少なく期間が短い場合は上乗せがおすすめです。32歳で1歳のお子さんをもつシングルマザーで、500万円で10年満期の定期型に加入しているというケースを想定します。これはカバーできていない範囲が大きいので、入り直すのがいいでしょう。月額15万円で、期間は子供が20歳になるまでとして20年に設定します。保険の見直しをする方法を紹介しました。

実際の見直し事例を紹介します

シングルマザーが死亡保障を見直すときどんな方法をとればいいのかについて事例を紹介します。36歳でお子さんは10歳と7歳という方で、10年後に満期となる2,000万円の定期保険に加入しているとします。この場合は不足している分が1,000万円程度で少額で、これから保障する期間が10~15年と短いので、上乗せで対応するのがおすすめです。いま加入している商品はそのままにして、1,000万円の定期型に新規加入することでバランスがとれます。保障期間は10年定期にすれば下の子供が20歳になるまで保険の効果が持続します。

保険とシングルマザー情報

Copyright 夫との死別と保険見直し All rights reserved.